カテゴリー : 風景・夜景

裏富士?表富士?

実家でのんびりと過ごしている正月

昨日は帰省途中に撮影で静岡から撮影の富士

本日は実家から撮影の夕暮れ時の富士

 

IMGP6545

実家から見ると

昨日とは綺麗に反対向きになります

 

どちらが表で裏かわかりませぬが

どこから見ても綺麗な富士には

かわりませぬ(^ー^)

 

本日は自宅に向けて移動しまっす♬

初夢は?

昔から

初夢は

一富士二鷹三茄子

縁起が良いようで。。。

 

そんなわけで

富士山など

IMGP6258

帰省途中で撮った富士

朝焼けにとても綺麗でした♬

初日の出

新年あけまして

おめでとうございます!

 

今年もよろしくお願い致します。

 

ってなことで

新年の1枚はやはり

初日の出

 

IMGP6523-1

 

今年は晴れの良い天気でしたが

残念ながら雲が海面にがっつり

切れ間から出た初日の出を

パチリしてきました♪

 

さぁ今年は

どんな出会いがあるのかな?

楽しみです!

 

皆様もすてきな正月をお過ごしください。

今年も大晦日

2015年も最後になりました

今年も1年ありがとうございましたm(_ _)m

 

つたない写真と

適当なコメントブログで

いつもスミマセン

 

と言ってもこのスタイル

変わらないけどw

 

今年最後の1枚は

とってもスペシャルな!

 

img624

カメラ:HasseleBlad 500C/M
レンズ:Carl Zeiss Distagon C 50mm F4
フィルム:PROVIA 100F RDPⅢ 120
スキャナー:EPSON GT-X820

 

はい。

京都撮影のあと

余った1枚を適当に撮った

千里中央の写真です(;´∀`)

 

しかもクリスマス前w

 

露出もいつも感覚で

絞りもいつも感覚で

 

こんないつも感覚ばかりの

写真ですけど

見ていただいている方

ありがとう(*´艸`*)

 

来年もよろしくお願い致します♬

ハッセルで振り返る桂離宮

なぜフィルムで撮ると

こんなにも

味わいが出るのだろう

 

img617

img618

img620

 

今回の一番のお気に入りは

この1枚

img623

カメラ:HasseleBlad 500C/M
レンズ:Carl Zeiss Sonnar C 150mm F4
フィルム:PROVIA 100F RDPⅢ 120
スキャナー:EPSON GT-X820

 

空気感まで写し込める

それがフィルムの素敵なところ(*´艸`*)

 

 

クリスマスナイト♬

つい先日

日帰りで東京へ出張へ

 

帰りにちょっと寄り道など

 

IMGP6197

カメラ: PENTAX
機種: PENTAX K-5
ISO: 100
露出: 10.0 秒
絞り: 10.0
焦点距離: 18mm

 

美しくなってから

ずっと見たかった東京駅♬

 

IMGP6203

 

駅前ロータリーはまだ工事中

完成はどうなるのでしょう?

 

IMGP6206

街を散策するとこんな綺麗な飾り付け!

さすが東京(・∀・)

 

IMGP6205

何しかオシャレやね

 

IMGP6212

開店準備をすすめるバーカウンターも

素敵な彩りです♬

 

IMGP6214

まぁ

私はクリスマス気分をちょっと身体に浴びて

急いで家に帰ったわけなんですけどw

 

メリー・クリスマス(*´艸`*)

 

桂離宮へ行ってきたよ③

桂離宮で3連チャン

今日は残りの園路を更新しまっす

 

IMGP5832

こちら笑意軒という茶屋

何とも趣のある素敵な建物です♬

 

実はここへの園路

園林堂から笑意軒へ至る土橋で

ちょっと素敵だったのがこちら

IMGP5810

ん!?

何が素敵???

って思うかも知れませんが

園路の踏石を45度振った形で

使用しているのですね

 

この庭って江戸時代でしたっけ?

そんな時代にこの様に色々とチャレンジして

庭を作っているなんて

凄いな〜と感じます

昨日の市松模様の襖といい

本当に遊びココロを感じますね

 

IMGP5828

さて笑意軒です

丸窓面白いですね〜

 

IMGP5819

こちら笑意軒の建物内部ですが

結構大きな茶屋なんですね

襖の引手も櫂型の引手と面白い

 

そして左端にチョロっと写っているのが

IMGP5824

矢型の引手

本当に工夫されているな〜

もしかしたら色々と

模索していたのかも知れませんが

 

IMGP5815

笑意軒の窓の外には緑と畑が広がっていますが

実は桂離宮の敷地ではないとの事

今はボランティアによって

この景色を壊さないよう2家族が畑を管理しているそうです

 

いつこの窓から見える景色が変わってしまうのか

そんな部分も含んでいるのがこの桂離宮の問題なのだとか

 

IMGP5830

こちら笑意軒の前

『草の延段』です

こちらは切石が混ざらず

柔らかい印象ですね

 

IMGP5836

こちらは左から新御殿・中書院・古書院

高床式になっていて基礎の部分を見ると

向こうの景色も透けて見える風通し

あっ写真無いんですけど(^_^;)

 

IMGP5839

こちらは古書院の月見台

なんと竹のデッキなんですね

ココにも庭師のチャレンジを

感じてしまいます

 

IMGP5838

竹のデッキは涼しそうで夏の涼には

良さそうですね

 

IMGP5842

こちら月波楼の内観

ここの見どころは

船底天井というまるで船の底のような

仕上がりの天井とのこと

 

IMGP5840

外観はこのような感じで

主に月を眺める茶屋なのだそうです

 

IMGP5843

計算された配置になっていて

月がしっかりと湖面に写るよう

樹木も高さ管理がされているそうです

 

凄いですね〜

 

IMGP5846

こちらは御輿寄前の

『真の延段』と結界石

 

レンズを通して見た景色

シャッターを切る手に汗が滲みました

あるべくしてある

そんな存在感を感じました

 

IMGP5847

こうして

最後こちらの門をくぐり

桂離宮を後にしたのでした

 

本当に素敵な庭造りに

感動しました

 

出来れば仙洞御所や修学院離宮なども

見てみたいな!

 

今日は写真いっぱいで

長くなっちゃいましたが

最後まで読んでいただいた方

ありがとうございます(^^)